toggle
2018-07-05

hitotsubuのはじまり

 

 

2018/5/20にて、

会津若松の「ギャラリーひと粒」は一区切り。

南会津町の主人のお店「CAFE JI*MAMA」とともに

「hitotsubu」として新たにスタートいたしました。

 

 

昨年四月に、南会津町田島に引っ越し、

しばらくは展示会期間のみの営業で、皆様にもご不便をお掛け致しました。

 

2009/10/16にスタートしたギャラリーひと粒。

今年で9年目を迎えます。

トタン小屋からはじまり、

震災、改装、

結婚、出産。

 

ライフステージが目まぐるしく変わる中、

人生、仕事、

家族、子育て、

暮らし、生活。。。

 

日々模索しながら向き合ってきた店づくりですが、

今ようやく、いろんなキーワードが繋がり始めたようにおもいます。

やりたいこと、

できること、

求められてること.

 

8年半、お客さま、作り手さまとの出会いから

創り上げていただいた「ひと粒」

 

そして今ふたたび、それぞれのバランスが

より豊かにつながり、広がる、

スタート地点に立ったような

そんな気がしています。

 

「モノを売るだけの場所にはしたくない」

それは当初から、今も変わらず大事にしているところですが、

これからはより大切に、モノとストーリーをお伝えできたらなと思っています。

 

今回ブログというかたちで改めてご報告させていただいたのも、

そんな思いから。

 

 

フェイスブック、ツイッター、インスタグラム、タンブラー。。。ホームページ。

 

色々試してみて、まだまだ使いこなせていないですが、

SNSがものすごいスピードで流れていく中、

とても便利なようで、流れて行く言葉の数々。

 

リアルタイムなモノや情報ではなく、

みなさんの暮らしに寄り添う

モノやものがたり

かっこつけずにありのままの「今」をお届けできたらと思います。

 

お店というより、

店主私自身のブログになるかと思います。

ときどき覗いてみてください。

 

今後とも「hitotsubu」を

どうぞよろしくおねがいいたします。

 

 

 

hitotsubu店主

五十嵐史織

関連記事